【3か月運用成績】33歳で始めたつみたてNISA、iDeCo。ぶっちゃけどうなの?

【3か月運用成績】33歳で始めたつみたてNISA、iDeCo。ぶっちゃけどうなの? お金・投資
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

米くん

今回は、2019年から始めている投資信託の運用状況を公開していきます。

正直、つみたてNISAやiDeCoをすすめる情報は書店、ネットで溢れていますが、実際の運用している人の結果ってみれないですよね?

そこで今回は少しご紹介していきます。

【3か月の運用成績】つみたてNISA、iDeCoの投資信託ってどうなの?

投資信託インデックスファンド

ではさっそく。

つみたてNISAからみていきましょう。

【3か月の運用成績】つみたてNISA

つみたてNISA3か月

運用開始3か月で運用益5,770円でています。

年利4.1%で進んでいます。

この利回りを牽引してくれているのが「楽天・全米株式インデックス・ファンド」です。

これ単体でみると、いまのところ年利7.9%です。

バッチリですね。

ちなみに、現状は月々47,000円(内つみたてNISA33,000円)で運用しています。

仮に月50,000円、年利4%で20年間にわたり、積立投資できたとしたら…

月々5万円、年利4%、20年で1800万円

1,800万円は狙えそうですね。

もちろん、年利4%保つのは難しいだろうし、投資額を保てないかもしれないので、ざっくり計算になりますが…

【3か月の運用成績】iDeCo

iDeCo3カ月

ちょっとわかりづらいですよね?

結論から言えば、プラスの11,406円で進んでいるイメージです。

支出のところにかきましたが、iDeCoは加入時の手数料が3,000円弱と月々の口座手数料が167円かかるんです。

そこらへんの支出がかかるので現状は▲3,094円なんですが、投資額は所得税から控除されるので、ぼくの場合は、年末調整で年間14,500円戻ってくる予定です。

これは掛け金、年齢、所得、扶養の有る無しでだいぶ変わります。

すると14,500円から3,094円のマイナス運用を引いても、プラス11,406円となります。

米くん

現状でいえば月々8,000円の投資額なんですが、仮に2%の利回りだったとすると運用益は160円。

月々の支出である口座手数料167円を下回ってしまうんです。

なのでできたら、毎月23,000円は投資にまわしたいです。

いまは投資の元手が足りないので、まずは収入口を増やすのが先決。

…個人的にはiDeCoは利回りというより、掛け金の節税のメリットに魅力を感じています。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

たまーに運用成績の情報アップデートをできたらと思っています。

浪費、消費を減らし、投資にまわす。

投資+節税ができる「つみたてNISA」と「iDeCo」はマストでやっておくべきだと思います。

まだの方はこちらからどうぞ。

SBI証券 個人型確定拠出年金

いまひろでした。

米

コメント

タイトルとURLをコピーしました