海外就職を実現する方法|海外求人の見つけ方編

海外就職を実現する方法|海外求人の見つけ方編 海外就職・英語
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

海外で働くために必要な英語力の準備はOK。さて、いよいよ応募の段階に入ってきたわけだけど、海外求人ってどうやって見つけるんだろう?

現地採用で仕事を探しているんだけど、どうやって探すのがいいんだろう?

今回の記事では、このような疑問にお答えします。

海外就職を実現する方法|海外求人の見つけ方編

今回は、海外求人の見つけ方について、海外で人材会社勤めの経験があるパートナーからアドバイスをもらいつつ書いてみたいと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、海外で就業するには2つの方法があります。

駐在員と現地採用です。

いまひろ
いまひろ

駐在とゲンサイですね?

駐在員と現地採用

まずは、さくっとそれぞれのご説明をしていきます。

駐在員

日本本社採用で海外の現地法人に駐在する形です。

この場合、転職後すぐに海外派遣が実現する例はとても少なく、基本的には3年程度日本本社で経験を積んでから派遣される形になります。

現在の就業先に海外拠点がある場合は駐在員になれる可能性がありますが、すぐにでも海外就業したい場合はなかなか難しいかもしれません。

いまひろ
いまひろ

すぐに夢の海外で働けないのはデメリット。

現地採用

現地法人から直接雇用される形です。

世界中の国々の中から働きたい場所を選び、現地にある日系企業を探し、そこが出している求人に応募する流れになります。

こちらは現地の人材会社や、海外求人を扱っている人材求人サイトから求人を見つけていきます。

現地採用の場合、面接後採用が決まってから最短1カ月以内で就業開始することが可能です。

現地で人材が足りていないケースも多々あるため、なるべく早く来てほしいという企業が多いです。

ちなみに給与・待遇は圧倒的に駐在員の方が良いですが、現地採用も現地での生活するには十分な給与体系の企業がほとんどです。

いまひろ
いまひろ

最短で夢の海外勤務が手に入るのはメリット。

それでは、これから現地採用の海外求人にフォーカスして海外求人の見つけ方をみていきましょう。

海外求人の見つけ方

実際に海外就業をすぐ実現させることができる、現地採用形態での海外求人を下記サイトを参考に探してみましょう。

北米やヨーロッパも憧れますが、やはり求人数はアジアが圧倒的に多く、また募集している職種や業界も様々です。

また採用条件としては主に下記が基本的な条件となります。

  • 英語または現地の言語ビジネスコミュニケーションレベル
    業務上必須になります
  •  大卒者
    ビザ取得の関係で条件づけられているケースがあります
  •  同業種での業務経験
    国によっては同業種でなくても就業経験があればOKとするところも多いです

 

インドネシアの場合

実際にインドネシアで現地採用となった場合の待遇について簡単に紹介します。

企業がお互いに待遇面を他社にそろえようとするため、ほぼ同じ内容のところが多いです。

大卒、就業経験3~5年程度の場合…大体が下記のような待遇になります。

  • 月給:20万円~25万円
  • 家賃手当あり(3~5万円)
  • 海外保険加入あり
  • 社有車あり

企業によっては、年1回の帰国費用支給あったり、赴任時の航空券手配があったりすることもあります。

いまひろ
いまひろ

田舎で安月給で働くよりは待遇が良いと思います。

まとめ:海外就職を実現する方法|海外求人の見つけ方編

現在東南アジアではたくさんの現地法人が人材を探しています。

住むハードルが欧米に比べると低い東南アジアで(言語面、生活面等)、英語を使って働くチャンスが溢れています。

現地で働ける日本人が少ないため常に人材不足となっており、完全な買い手市場です。

数年の業務経験&日常会話以上の語学力があれば引く手あまたです。

実際にインドネシアにいた現地採用形態で働いている日本の友人は、常に複数の企業からスカウトを受けている人ばかりでした。

実際にぼくも、パートナーも「海外で働いてみたい」という想いを実現し、インドネシアで仕事をしていました。

少しでも海外就職への憧れがあるなら、チャンスはたくさん転がっているので1歩進んでみると、世界が大きく広がるかもしれませんね。

いまひろでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました