ジャカルタ近郊サーフスポット

ジャカルタ近郊サーフスポット 海外・国内旅行
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

インドネシアのジャカルタに赴任が決まったけど、サーフィンってできるのかな?

バリではないジャワ島でもサーフィンできるの?

今回の記事ではこんな疑問にお答えします。

ではさっそくみていきましょう。

ジャカルタ近郊サーフスポット

インドネシアにおけるサーフィンというと、バリ島やロンボク島が有名どころですが、首都のジャカルタ近郊でもサーフィンできるんです。

実はジャカルタ駐在員時代、ジャカルタサーフィンクラブや知り合いから、サーフィンを教えてもらった過去があります。

初めてのサーフィンがインドネシアだったんです。

そして今でもサーフィン続けています。

青く澄んだ空・照りつける太陽・きれいな波・海。

その大自然に戯れることができるサーフィンって最高ですね。

まだまだサーフィン初心者。これからいっぱい海に入って早く上達したいと思っています。

では、さっそくジャカルタ近郊でサーフィンできるポイントを2つほどご紹介します。

チマジャ(Cimaja)

ジャカルタからだとボゴールを抜けて南にひたすら車を走らせることになります。

正直、ジャカルタ近郊にお住いの方で土日にサーフィンする場合、ほとんどの方がここのスポットに行くはず。

仕事でジャカルタにいらっしゃる方は、ボゴールはゴルフに行くときによく行きますね?

でもボゴールはまだ道半ば。

この辺から高速道路はなくなり、道が細くなりほぼ1本道になります。

道路は凸凹、車が1台でも故障したら大渋滞ゾーンです。

なので、渋滞回避も含めて朝の3時や4時にジャカルタを出発するケースが多いです。

帰りは15~17時頃に現地を出発して、ジャカルタ着は22時ぐらいでみておく必要があります。

初心者のぼくにはハードルの高い波がしっかりあるポイントです。

この周辺には3~4箇所ぐらいポイントがあり、リーフブレイク、ビーチブレイク両方あります。

上級者は丸石のリーフブレイクのポイントで波乗りを楽しんでいらっしゃいます。

パンタイロンボック(Pantai Lombok)

pantai lombok

ジャカルタからは西に車を走らせます。

Kawasan Industri Modern Cikande等の工業団地方面になります。

確か、チレゴンあたりまでは高速道路が繋がっていたはずです。

下道も道路はそこそこ安定しているほか、渋滞もさほどなく、ストレスなかった記憶です。

ここはビーチブレイク。

ぼくは2回ほどここでサーフィンしましたが、波があるときと、ほとんどないときがありました。

ファンボードやロングボードで遊んでいる方が多いように見受けられます。

まとめ:ジャカルタ近郊サーフスポット

年中しっかりとした波を求めている方は、チマジャに行きましょう。

中上級者にとっては最高のスポットとなることでしょう。

一方、初心者でゆったりとサーフィンをEnjoyしたい方はパンタイロンボックにチャレンジするも良いでしょう。

ちなみにぼくは、チマジャが初サーフィンでした(^^;)

では、素敵なサーフィンライフを!

いまひろでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました