現地採用と駐在員のメリット・デメリット(格差・違い)|【ジャカルタ実体験】

現地採用と駐在員のメリット・デメリット(格差・違い)|【ジャカルタ実体験】 海外就職・英語
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

海外で働くの夢で現地採用ですぐにでも飛び込もうと思っている。

ただその前にメリット、デメリットを知っておきたいな。

海外で働くつもりで、海外展開している日系企業に就職したはいいものの、なかなか海外で働くチャンスをもらえない。

う~ん、そもそも駐在員のメリットって何だっけ?

今回の記事では現地採用と駐在員、両方のメリット・デメリットについてお伝えします。

いまひろ
いまひろ

ぼくは現地採用の立場として3年、駐在員として2年働いことがあるから、両方の立場を経験しています。

現地採用と駐在員のメリット・デメリット(格差・違い)

さて、ご存知だとは思いますが海外で働く方法は主に2つあります。

  • 日系企業の現地採用
  • 日系企業の駐在員

今回は日系企業にまとをしぼった内容で比較していきます。

本記事の内容

  • 日系企業の現地採用のメリット・デメリット
  • 日系企業の駐在員のメリット・デメリット
  • 格差・違い(現地採用 VS 駐在員)

についてまとめていきます。

現地採用と駐在員の違いや、「どうやって海外就職できるの?」という疑問については、下記の記事で解説していますので、よろしければどうぞ。

本記事の信憑性

インドネシアのジャカルタにおいて1つの会社で現地採用3年間、駐在員として2年間働いたことがあります。

現地採用で入社後、本社採用に切り替えてもらうことで駐在員の立場を手に入れました。

このキャリアって正直言って珍しいケースです。

ぼくが務めていた会社は年商100億程度の中小企業だったからこそ、こんなキャリアが生まれたと思っています。

いまひろ
いまひろ

このケースは本当に珍しいはず。

だからこそ本音でお伝えします。

大手の上場企業だったら、現地採用→駐在員への切り替えって聞いたことがありません。

そんなぼくだからこそ、お伝えできる点があるかと思うので、2~3分程度の内容なので、最後までお付き合いください。

それではさっそくみていきましょう。

現地採用のメリット・デメリット

現地採用のメリット

現地採用のメリットって一体なんでしょうか?

ぼくなりの答えは、一言で言うと…

会社に振り回されず、自分の人生を思い通りに生きられる

ってことだと思います。

具体的には、

  • 自分の好きな国ですぐに働き始められる
  • 気に入ったらいつまででも働き続けられる

ですね。

自分の好きな国ですぐに働き始められる

駐在員だと本社採用で5年ぐらいの下積みを経て、やっと海外赴任を実現するケースが多いです。

それに海外赴任が実現できたとしても、自分の行きたい国に行けるケースも少ないんです。

全ては会社組織の采配。

だから、

下積み期間0で自分の住みたい国で働くことができる

これは、大きなメリットです。

かくいうぼくも、現地採用に応募したのは上記の理由から。

このメリットはことのほか大きい。

気に入ったらいつまででも働き続けられる

もう一つは、駐在員は任期があるほか、突然の帰任辞令があります。

現地採用はありません。

人生の舵取りは自分

会社に振り回されない生き方ができます。

現地採用のデメリット

では逆に、現地採用のデメリットって一体なんでしょうか?

もちろん自分で選んだ道とは言え、「え~…!?」みたいながっかりする思いもするはず。

現地採用のデメリットを一言で言えば

待遇が悪い

ってことだと思います。

そんなの、「条件に納得して応募したんだから、わたしは待遇悪くても大丈夫!

って思うかもしれませんが、それは違います。

ぼくも条件に納得して応募したので大丈夫と思っていたんですが、もちろん一緒に働くのは駐在員ですよね?

待遇の違う「駐在員」が四六時中そばにいると話が違うんですよ。。。

いまひろ
いまひろ

じ時間・同じ仕事内容をこなしてるのに納得いかない…

ってなるわけです。

なぜなら駐在員と現地採用の待遇で圧倒的な格差があるからです。

これって、正社員とパートさんの違いにどこか似ているかも。

具体的には、

  • 給与が安い
  • 手当がつかない
  • ボーナスの回数が違う
  • 保障(年金・雇用保険)がない
  • 出世がみえない

ですね。

詳しくは後述しますが、自分の労働価値=対価(給与)という考え方をぼくはしますので、これは想像以上に気になってしまう部分でした。

駐在員のメリット・デメリット

では逆に駐在員のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

駐在員のメリット

ぼくなりの答えは、一言で言うと…

待遇が良い

この一言につきます。

いまひろ
いまひろ

圧倒的な待遇。

駐在員のデメリット

では逆に、現地採用のデメリットって一体なんでしょうか?

ぼくなりの答えは…

会社に振り回され、自分の人生を思い通りに生きられない

具体的には…

  • 自分の好きな国に赴任できるわけではない
  • 帰任辞令で帰られなければならない
  • いつ戻れるか分からない

だから意思決定の多くが会社主体であるってことはデメリットですよね。

自分の人生の舵取りがしづらい。

主体的な人生を送れない可能性が高いです。

格差・違い(現地採用 VS 駐在員)

さて、ここまで現地採用と駐在員のメリット・デメリットについてご説明してきました。

ではここで、ぼくの現地採用時代1年目と駐在員時代1年目の給与差を比較してみたいと思います。

いまひろ
いまひろ

恥ずかしいけど、大公開です。

駐在員時代1年目って、その会社では4年目になるのでそこそこ評価も加味されていますが…

 現地採用(1年目)駐在員(1年目)
1年間の手取り収入100%185%
ボーナス年1回年2回
住宅会社支給会社支給
ドライバー付き車
海外保険
雇用保険・年金?

1年間の手取り収入が【現地採用→駐在員】で185%増です。

やはり手当を含めた収入差は大きいですね。

ちなみに、現地採用1年目の月給は手取りで20万円程度でしたし、アパートも会社が払ってくれていたので、待遇は良い方だったと言えます。

それでも、収入格差がとにかく大きいことは知っておくべきでしょう。

まとめ:現地採用と駐在員のメリット・デメリット(格差・違い)|【ジャカルタ実体験】

これは一つの意見であり、ぼくの個人的な意見ですが、もしあなたが海外で働きたいって思っているなら、現地採用で海外に出た方が良いと思います。

現地採用であれ海外で働いた経験は特別な価値になると思いますし、やりたいことがあるなら最短距離で進んだ方がよい。

本社採用で下積み5年しても海外赴任できるか分かりませんし、仮に海外赴任が実現できたとしても、自分の行きたい国に行けるケースも少ない。

自分のいまの気持ちを大切に、一歩踏み出しましょう!

いまひろ
いまひろ

ぼくは全力で応援します!

いまひろでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました