副業することで節税する方法【無税入門】|肝は事業所得か雑所得か

副業することで節税する方法【無税入門】|肝は事業所得か雑所得か 本・映画
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

政府が2018年に「副業解禁」を宣言しました。

副業や兼業を政府が後押しする形に転換したわけです。

米くん

そこで今回は、「副業することで節税する方法【無税入門】|肝は事業所得か雑所得か」という内容でお送りします。

今回、ご紹介させていただく内容は「 完全版 無税入門 」で学んだことです。

『無税入門』

とっても分かり易いうえ、副業の「会社バレ」を回避する方法など具体的に説明してくれている良本です。

副業することで節税する方法|肝は事業所得か雑所得か

さて、ぼくは恥ずかしながら確定申告をやったことがありません。

なので、実際にやっていらっしゃる方々のようにイメージがまだついていないのですが、大事なポイントは下記です。

  • 副業を始める
  • 収入の扱いを「雑所得」ではなく「事業所得」にして、給与所得と合算する
     ※事業所得とするには年50~100万円の売上、そしてその継続性が大事
  • 使える所得控除をしっかり使う
  • 生活の支出を適度に事業経費にする
     ※家賃や車代などの4~6割程度
  • ここまでで課税収支が赤字だったら、無税の人になれる

こういった流れ。

さて4つほど引用します。

私の収入は、給与と副業の2本立てです。

2つの所得(給与所得と副業の事業所得)がある場合は、次のような流れで所得税を算出します。

1 2つの所得を合算します。その際、赤字と黒字の所得は相殺できます。

2 合算した所得から各種所得控除を引き、課税所得を出します。

3 課税所得に対応する税率をかけて所得税を出します。

4 課税所得がマイナスになれば、所得税はゼロです。

5 すでに納付した所得税があれば、確定申告をすると還付されます。

完全版 無税入門

事業所得は給与所得と損益通算が可能ですが、雑所得はそれができません。

言い換えると、副業収入が事業所得として当局から認められず、雑所得に区分替えされると損益通算ができないため、「副業で税金ゼロ」は不可能になります。


完全版 無税入門

当局との争点は「副業収入は事業所得か雑所得か」―これに尽きます。

1 継続した事業を営み、一定の売り上げをあげること。私の場合は年商50万円から100万円ていどは確保できていた。

2 当局から事業所得を否認されたら、売り上げが少ないということだから、売り上げを伸ばす努力をし、再度挑戦すること。


完全版 無税入門

税金は基礎を勉強するだけで安くなります。

税金の勉強は、あなたの努力にきちんと報いてくれるのです。

では、なにを勉強すればいいのでしょうか?

簡単です。税金は所得にかかるものなので、所得を減らせば税金は確実に安くなります。

とはいえ、単純に労働時間を少なくして所得を減らせば、生活レベルが下がってしまいます。

生活レベルを下げず、所得を減らす方法があるでしょうか?

あります。

その方法は次の3つです。

1 所得控除を積み上げる

2 必要経費を積み上げる

3 損益通算を活用する

この3つのうち、ひとつでも使えば節税ができます。

合わせ技を使えば、税金はさらに安くなり、行く着く先は「無税の人」の誕生です。


完全版 無税入門

まとめ

節税、無税を目指す人で、まだ副業をやられていない方は次の2つに力を入れれば良いということです。

  • 所得控除(基礎控除、配偶者控除、扶養控除)で活用できるものを探し、申請する
  • まずは年商50万円~100万円の継続的な副業をつくる(経費扱いや損益計算を活用するため)

この所得控除でいえば、「iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)」がそれに当てはまります。

iDeCoの掛け金は、全額が会社の年末で所得控除されるので、所得税が安くなり、絶対お得です。

資産運用(投資信託)しながらにして、節税もできてしまいます。

年齢や課税所得、扶養によっても大きく変わりますが、iDeCoでざっくり月々2万円の投資信託をした場合、年間4万円弱節税できちゃうんです。

ぼくはSBI証券でやっています。

まだの方は下から資料請求できます。

SBI証券 個人型確定拠出年金

ぼくも、もう一つ収入口を作れたらいいなと思っています♪

いや~それにしも、とっても良い本。

値段も安いし、買うべき一冊だと思います。

完全版 無税入門

ということで、今回はこのへんで。

いまひろでした。

米

コメント

タイトルとURLをコピーしました