つみたてNISA運用開始してから1か月の成績をさくっとご紹介

つみたてNISA運用開始してから1か月の成績をさくっとご紹介 お金・投資
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

米くん

自分の労働力(人的資本)を労働市場に投資する方法、簡単な言葉でいえば「働いてお金をもらう」方法は、ふつーのサラリーマンであれば65歳まで。

65歳以降は、ぼくらの時代はあるか分からないけど、年金とそれまでに築いた財産(自分のもっている金融資本)を金融市場に投資してやり繰りしていかなければなりません。

若いうちは金融資本が少ないため、金融資本を金融市場に投資したところ、『資産運用』としてのスケールメリットを出せないかもしれません。

それでも若いうちからお金に意識的になることは大事ですし、「複利のパワー」を利用して長期的に得られるものもあるはず。

というわけで、「つみたてNISA」と「iDeCo」の制度を利用して『資産運用』を始めたわけです。

つみたてNISA運用開始してから1か月の成績をさくっとご紹介

先に「つみたてNISA+α」の運用を開始してから1か月が経ちました。

どんな商品に投資したかというと…

つみたてNISAで…

・【株式】楽天・全米株式インデックス・ファンド 


・【債券】三井住友・日本債券インデックス・ファンド 


・【金】iシェアーズ ゴールドインデックスファンド

+αで…

・【バランス型】世界経済インデックスファンド

です。詳しくはこちらで記事にしていますのでご一読ください。

【33歳、資産運用始めます】SBI証券で4つインデックスファンドの購入決定。
同世代の人がどんな資産運用をしているか気になりませんか?33歳で資産運用の本を4‐5冊勉強し、SBI証券の口座やつみたてNISAの口座を開設を終え、いよいよ投資を始めるフェーズに入ってきました。さて今回はどんなインデックスファンドを購入した

さて、1か月運用の結果はというと…

つみたてNISA運用開始1か月目

という結果でした。

運用開始1か月の結果を表にするとこんなかんじです。

つみたてNISA運用開始1か月目

平均でリターン「7%」でした

2019年2月25日現在のゆうちょ銀行の通常貯金の金利は0.0001%です。

このリターン「7%」という数字。

出来過ぎで、かなりラッキーな結果とはいえ、やってみる価値ありだと思いませんか?

米

出来過ぎとは言ったものの、【バランス型】世界経済インデックスファンドの過去5年のトータルリターンは「4.17%」ですし、【債券】三井住友・日本債券インデックス・ファンド の過去5年のトータルリターンは「1.64%」です。

しっかりとした結果を出していますよね?

 

ちなみに、橘玲さんは『幸福の「資本」論』の中でこのように説明されています。

債券市場と株式市場(あるいは不動産市場を、資源市場)はトレードオフの関係にあります。

株式や不動産、資源価格が上がると予想すれば、投資家は債権を売って資金を調達し、積極的に投資しようとするでしょう。

そうなれば債券価格は下落し、金利は上昇します。

これを逆に言えば、ゼロ金利やマイナス金利というのは、投資家が株や不動産にはお金を投じる価値がないと考えている証拠です。

引用:Part 1 自由のための金融資産 P79

2016年1月29日から日本銀行はマイナス金利政策を採用しています。

民間銀行の日銀当座預金にある超過準備に対して-0.1%のマイナス金利を課すものです。

あれから3年が経ったいま、債券のリターンはどうだったか?株価のリターンはどうだったか?検証してみたいところです。

 

さて話は変わりますが、投資の基本は…

株価が安いときに購入し、高いときに売却する

これが基本ですよね。

株価が安いときに購入し、高いときに売却する

アメリカの経済と日本の経済を少し鷹の目で見たいと思います。

アメリカ過去50年の平均株価

アメリカの株式市場の過去50年の平均株価の推移がこちらです。

2018年10月3日、過去最高値を更新し、26,828ドルをマーク、2019年2月末で26,000ドル前後をうろちょろしています。

今買って、株価は最高値を更新し続けるのか?

今買って、株価は下落し始めるのか?

GAFA(Google/Amazon/Facebook/Apple)の台頭、今後AIが与えるインパクト。

過去50年のチャートをみて、みなさんは今後のアメリカ経済(株価)をどう考えますか?

NYダウ長期チャート50年

出典:日経平均株価AI予想

日本過去50年の平均株価

ちなみに、日本の株式市場の過去50年の平均株価の推移がこちらです。

1989年12月29日、過去最高値を更新し、38,957円をマーク、2019年2月末で21,500円前後をうろちょろしています。

今買って、株価は上昇し続けるのか?

今買って、株価は下落していくのか?

少子高齢化や大手家電メーカーの凋落、日銀の黒田総裁の金融政策。

過去50年のチャートをみて、みなさんは今後の日本経済(株価)どう考えますか?

日経平均長期チャート50年

出典:日経平均株価AI予想

まとめ

さて、ぼくは長いスパンで経済を考えたとき、アメリカを中心に世界の経済成長は続いていくと思っています。

なので、株式の投資先は日本ではなく、アメリカを中心としています。

そして、ぼくが投資している商品はインデックス投資(=パッシブファンド)中心。

経済成長が見込めるのであれば、市場平均に投資しているので、結果が見込めるものです。

…相場というものは、プロでも読めないもの。

せっかく勤労所得で稼いだお金、無駄にはしたくないですよね?

なので積立投資にしています。

給与天引きの積立と同じ要領で、毎月定額を引き落としてく方法(=ドルコスト平均法)で、安いときに多く買って購入平均値を下げるテクニックになっています。

ただこのドルコスト平均法も、最終的に経済成長が見込める前提だとプラスに働くということは忘れてはいけません。

さて、いかがでしたでしょうか?

もちろん損するタイミングはあると思います。

それでも少額から勉強がてら始められてはいかがでしょうか?

いまひろでした。

米

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました