OKY(おまえがきてやってみろ)! 駐在員が本社に思うこと

OKY(おまえがきてやってみろ)! 駐在員が本社に思うこと 海外就職・英語
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

いまひろ
いまひろ

みなさんOKYって知っていますか?

今回の記事ではOKYに迫ります。

OKY(おまえがきてやってみろ)! 駐在員が本社に思うこと

OKYとは…

まえが て ってみろ

です。

OKY…これは海外で働く日系企業の駐在員が思っていること。

日本の本社や支社とコミュニケーションをとるときに感じること。

たとえば…

  • 現地の状況をまったく理解していない難しい依頼が舞い込んだとき。
  • 現地の状況をまったく加味していない能天気な人から注意を受けたとき。
  • 日本クオリティで物事を考え、ただ文句を言ってくる輩(やから)と話をしているとき。

覚えておきましょう。

いまひろ
いまひろ

OKY 「まえがってみろ」

申し訳ないとは思うんですが、正直な気持ちです。

逆に日本の本社や支社で指示を出す方々は駐在員に対して…

  • 口うるさい上司も少なくて日頃のお説教を直に受けなくていいな~
  • 帰宅する時間も自由でいいな~
  • 海外で暮らしながら、手当(給与)が厚くていいよな~
  • 土日はお客さんとゴルフ三昧うらやましいな~

と思うかもしれませんし、実際ほとんどその通りでしょう。

でもその分、 本社からのプレッシャーを直に感じながら、個人事業主のように事業の責任 を負いながら日々業務に励んでいます。

もちろん、ゴルフ好きでない人だっていますし、土日ゴルフしたくないときだってたくさんあります。

それでも、売上を立ててくうえでも、コミュニケーションを取るうえでも、与えられた責任である事業拡大のために必要だと思うからゴルフや接待をしています。

自分のプライベートを削ってでも…っていう個人事業主的な感覚で仕事しているわけで。

いまひろ
いまひろ

事業責任我にあり

です。

まずそれを分かってもらえたら…

それから、

いまひろ
いまひろ

 言うは易し、行うは難し

ですね、これは文面通りです。

  • 異文化コミュニケーションってすごく大変
  • 異文化で育った人たちをマネジメントするってすごく大変

です。

英語ができるからって、現地の人に簡単にやらせることができるわけではないんですね。

もちろん日本品質のレベルで可能な限りサービスを提供したいと思っています。

でも、これが本当に難しい。

指示したことをふつーに忘れていたり、進捗スピードが日本の3倍かかったり。

…さらに日本で部下に指導する感覚で注意や指導をしたら、次の日に「辞めます」って言い出したり。

それに、家族を大切にする人たちが多いから(これは良いことでもあると思うけど…)、

嫁が熱だしたのでお休みさせてください

子どもが熱出したのでお休みします

と言ってきます。

…たとえ彼に大きなプロジェクトを任せていたとしてもです。

本社の営業から、

お客さんから現地どうなってんの!?って怒られたぞ。まじ俺の顔に泥塗るな!

って言われたことありますが、人にもよると思うけど、こちらも真剣に日々やっています。

…むしろ、現地で運営している駐在員こそがあらゆる方面からのストレスを一身に受けながら、一番真剣に取り組んでいるひとりかもしれません。

確かに現地人化してしまった “だらしない日本人” もいるのは事実ですが。

まとめ:OKY(おまえがきてやってみろ)! 駐在員が本社に思うこと

OKY 「おまえがってみろ」

ぼくは海外駐在を終え、転職、いまは海外輸入の仕事で現地の人とやりとりしています。

レベルは違えど、今でも同じように思うことはあります。

自分が日本にいる場合はKが抜けて…

OY 「おまえがやってみろ」

ですね。

「言うは易し、やらせるは難し」

です。

外野から文句を言う人たちは、まず自分自身でやってみてもらいたいです。

そして、経験しないと分からないかもしれませんが、もっとグローバル感覚を養ってほしいですね。

今回は少し言い方のきつい記事になってしまったかもしれまんせんが、駐在員の方々、特に現場で働いている人の日頃の思いを代弁をしてみました。

いまひろ
いまひろ

頑張れ、駐在員!

いまひろでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました