幸せホルモン「セロトニン」の分泌量は日本人とアメリカ人で違う

幸せホルモン「セロトニン」の分泌量は日本人とアメリカ人で違う ライフ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

ここ最近ハワイやニューヨークへ行ってきて、なんだかHappy オーラの違いを感じたりしていたのですが、どうやら「国によって脳に違いがある」ようなんです。

※ニューヨークで感じたことはこちらからどうぞ。

ニューヨーク(NY)の素晴らしいところ|3泊6日を終えての感想
NYC ! 一度は訪れてみたかったニューヨーク(NY)へ3泊弾丸で行ってきました。さて、この旅で気付いたこと、素晴らしいと感じたことをまとめておきますね。Diversity, Friendly. Fun。この3つが気づきでした。

幸せホルモン「セロトニン」の分泌量が違う

中野信子さんの本「脳はどこまでコントロールできるか?」の中で面白い文章があったので、少し長くなりますが引用します。

「幸せホルモン」といわれ、私たちの幸福度に大きな影響を与えているセロトニンについての内容です。

セロトニンの分泌量の違いは、いったん分泌されたセロトニンを回収してもう一度分泌できるようにする働きを持つセロトニン・トランスポーターの数によって決められています。このセロトニン・トランスポーターの数は、遺伝的に決まってしまいます。

セロトニン・トランスポーターの数を決定する遺伝子のタイプには、LとSがあり、SはLの半分しかセロトニン・トランスポーターをつくりません。この組み合わせによって、セロトニン・トランスポーターの数が決まります。

リッシュという、研究者の報告によれば、日本人に一番多いのはSSの(セロトニン・トランスポーターの数がもっとも少ない)組み合わせで65パーセント、LSが32パーセント、LLが3パーセントです。一方、アメリカ人ではSSが19パーセント、LSが49パーセント、LLが32パーセントもいます。

簡単にまとますね。

つまり…

セロトニン = 幸せホルモン

セロトニンの分泌量 = セロトニン・トランスポーターの数

日本人:◎:3% 〇:32% △:65%

アメリカ人:◎32% 〇49% △19%

なんということでしょう…

米くん

でも、なんか、納得…。

タンパク質x炭水化物でセロトニン不足を解消!

セロトニン不足だな、と感じる人は、タンパク質と炭水化物が同時にとれるようなものを食べるとよいでしょう。たとえば赤身のマグロが乗った海鮮丼なんかがおススメです。

ほかにも日本のオーソドックスな食事ですが、納豆とごはんの組み合わせも良いでしょう。

って中野さんの本に書いていました。

納豆ごはん

海鮮丼

もう、これ食べてHappyになりましょ。

本の中で「トリプトファンx炭水化物を一緒に接種すると良い」と書いていました。

トリプトファンが多く含まれている食べ物

卵・豆腐・マグロの赤身・肉・ピーナッツ・バナナ・ナッツ類・牛乳・チーズ

トリプトファンx炭水化物…

LOX@Pick A Bagel

ベーグルも良いんでしょうね。

だからアメリカ人はセロトニン不足していないのかな。。。

米くん

中野さんの本読んだことない方はこちらからどうぞ。

 

いまひろでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました