We are stars 人は星のかけらでできている

We are stars 人は星のかけらでできている ライフ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

先日、六本松の福岡市科学館に行ってきました。

そこで宇宙の誕生と人類の関係性について、得た情報をシェアしますね。

人は星のかけらでできている

どうやら、宇宙誕生(ビッグバン)時は水素(H)しかなかった。

そしてその水素ガスが重力で集まり原子星ができた。

水素核融合の結果、4つの水素が融合し2番元素であるヘリウム(He)ができ、様々な元素が生まれていったとのこと。

「すいへーりーべーぼくのふね」のやつです。

星が誕生した直後は大部分が水素(H)だったらしいんです。

大部分は水素です。

ジムやヨガのスタジオでよくある水素水のあの水素です。

知っていますか?

僕たち人間の体って大部分が水(H2O)でできている。

水素(H)が60%、酸素(O)が25%で構成されていて、つまり人間の大半は水素(H)でできているのです!

そして宇宙が誕生したときも水素であった。

宇宙とぼく同じ成分じゃん!

たがら「人は星のかけらでできている」って言えて、自分は宇宙なんだっていう。

感動!

そう考えると、水素という元素から派生した元素ですべてのものはできていて、人や動物、植物、空気や海、全ての物質(ビルや車、電車だって)は星のかけらなんです!

…なんだか感動しちゃいました。

アルケミストの言葉

伝わってます?この感動。

理系が不得意で文系だったので、すごいことじゃん!って。

実は、大好きなブラジルの作家パウロ・コエーリョが書いた「アルケミスト」の一文に

何かを本当に欲すれば宇宙は常におまえの味方になってくれる

っていう印象的な一文があって、そことリンクしたんです。

人は星のかけらでできている。

全ての物質は星のかけら。

そんな視点で物事を視れたら、少し優しくなれそうな気がします。

いまひろでした。

米

コメント

タイトルとURLをコピーしました