人を感動させる『ヨルゴ(Yorgo)』|ワインとフレンチをカウンターで提供する警固の名店

人を感動させる『ヨルゴ(Yorgo)』|ワインとフレンチをカウンターで提供する警固の名店 食・酒
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、いまひろです。

米くん
どんなに悩んでいようと、もんもんとしていようと、食べ物は人を感動させ、笑顔にさせてくれるんだな。

こんな気持ちにさせてくれたのが、福岡の赤坂(警固)にある『ヨルゴ(Yorgo)』です。

『餃子のラスベガス』の店内から『ヨルゴ(Yorgo)』に入ります。

人を感動させる『ヨルゴ(Yorgo)』|ワインとフレンチをカウンターで提供

『餃子のラスベガス』の店内で「『ヨルゴ(Yorgo)』で予約しています」と店員さんに伝えると、案内してくれます。

店内にドアがあって、そこから 『ヨルゴ(Yorgo)』 となっています。

『ヨルゴ(Yorgo)』 はこのキッチンを囲うようにしたコの字型のカウンターになっています。15~20名くらいで店内は満席なのでは?といった作りです。

ちなみに女子率が非常に高いです。

そして予約必須です。

目の前で調理して提供してくれるのは、とっても感動するものです。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

さてフードメニューはこちらです。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

そして、ドリンクメニューはこちら。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

今回、ヨルゴ(Yorgo)で頂いたのはこちらです。

?ピクルス(\400)

?アジと菜の花、グレープフルーツのサラダ(\1100)

?ウニとジャガイモ (\1000)

?筍のムニエル(\1200)

?牛ヒレ肉のレアカツ(\3500~)
人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

それに赤ワインのボトルを1本いただきました。

確か1本3600円くらいだったはずです。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

パンは食べ放題でとってもおいしい。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

ここのパンはこちらで作っているようですよ。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

今回頂いた『ヨルゴ(Yorgo)』のメニュー

?ピクルス(0)

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

ミョウガやごぼうがいいですね。

?アジと菜の花、グレープフルーツのサラダ(00)

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

これがとってもおいしかった。

アジ x 菜の花 x グレープフルーツ

このバランスが絶妙です。

クリームチーズの中にもグレープフルーツが入っていてフ香りが鼻に抜けます。

?ウニとジャガイモ (00)

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

ジャガイモを細切りにしたものを炒めて、その上からウニのソースをかけていただきます。

…旨い。

?筍のムニエル(00)

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

筍の食感が素晴らしかった一品です。

?牛ヒレ肉のレアカツ(00~)

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

これです。。。

人を感動させる『ヨルゴ』|ワインとフレンチをカウンターで提供

この写真が物語ってくれるはず。

言葉はいりませんね。

ごちそうさまでした。

米くん

まとめ

店員さんのお気遣い、料理を出すタイミングにお店の雰囲気。

そして何より店長さんの一品一品を料理しているときの集中力。

プロフェッショナルでした。

料理とはクリエイティブでいて、人を感動させ、笑顔にさせるものなんですね。

ほんとうにごちそうさまでした。

こちらは予約必須なので事前に予約をとりましょう。

電話番号:092-725-8277

場所はこちらです。

ちなみに「タコとアボガドのサラダ」はすごく美味しそうでした。

ぜひ、一度お試しあれ。

いまひろでした。

米

コメント

タイトルとURLをコピーしました